四季折々の海の幸
小名鹿
秋祭り
釣り場
ハマボウフウ
アカウミガメ
大名鹿
釣り場
だるま朝日
蛇王神社
釣り場
柑橘類
ひがしやま(人参芋) なしし港祭り

 名鹿地区は、四万十川の終着点(河口域)にある海と山に囲まれた地域で海岸沿いは岩礁帯と砂浜で形成されており、夏場は海水浴客や釣り人で賑わう。住んでいる人々も仲が良く温かい地域である。

 四万十川が流れ込む汽水域にあり、黒潮の影響を受けた名鹿沿岸は魚介類が豊富で海産物がうまい。10月末ごろに行われる秋祭りではほとんどの住民が集まり子ども達による太刀踊りが披露されます。また名鹿に通じる県道343号線は旧遍路道になっており、国道321号線が開通するまではこの道を遍路していました。


トップページへもどる Copyright Shimanto City Tourism Association